どんな被害例がある?

お金が逃げていく実際に闇金の被害例を見てみると本当にやり口はさまざまで、ワンパターンではないことがわかります。だからこそ騙されてしまうケースもあるのです。なかには紹介料やお礼金、データ料などと言ってどんどんとお金を巻き上げようとする闇金業者も多いです。すでに金融事故でブラック扱いになっている人に対してブラック情報を消してあげると言い、データ操作料などを取ろうとする悪質な闇金業者も存在しているようです。あまり聞いたことのない内容でお金を取ろうとするところは明らかに怪しい業者なので、決してそのまま口車に乗せられてはならないのです。

近年漫画やドラマなどを通じて闇金というものの存在がより一層広く知られるようになったようですが、闇金被害に遭ってしまう多くの人が、それほど危機感なく闇金からお金を借り始めてしまっているという現実もあります。とにかく借りる前でも借りてしまったあとでもおかしいと感じたらすぐに弁護士などの専門家に相談することが大事です。恥ずかしいと思って相談するのを遅らせるようなことがあると、闇金被害も拡大していってしまう可能性があります。くれぐれも借金問題、闇金問題に陥らないような生活を送るようにしたいですが、もし問題が起こってしまったら速やかに弁護士に相談しましょう

参考サイト…アディーレ法律事務所|借金被害相談

Pocket

Published by admin